ニキビの治療は膿を出すよりお金を出して解決しよう

ニキビのないすべすべ素肌

最新記事一覧

ニキビの対処法

女性の顔

ニキビができた場合、洗顔を正しく行い、早期に治療することで跡が残ってしまうことができると考えられています。大人のニキビはアダルトニキビと呼ばれ、ホルモンバランスを整える薬を服用することで治るケースが多いとされています。

続きはコチラ

クレーターについて

遠くを見る女性

ニキビ跡には様々な種類がありますが、一番治療が厄介だと言われているのが、クレータータイプです。このタイプのニキビ跡について特徴などを詳しく説明するので、治療を受ける前に確認しておきましょう。

続きはコチラ

ニキビについて

治療方法の歴史とは

女性の横顔

ニキビの治療というのは、昔は潰して中の膿を出してしまうのが良いとされていたこともあります。 しかしその方法ですと潰した部分の皮膚が薄くなってしまい、陥没した状態となってしまいます。 これがニキビ跡となります。 ですのでニキビを治す方法として、別の方法が徐々に研究されるようになっていきました。 その結果、思春期にできるニキビと大人になってからできるニキビとでは、原因や状態に違いがあることも分かってきたのです。 それによって、ニキビの種類による治療方法は複数誕生することとなりました。 そうしたこともあり、現在では種類や原因だけではなく、年齢や肌の状態など色々な要素に合わせた治療を行うように変わってきているのです。

ニキビをつくらない

現在では、ニキビ治療の技術は高いものがあります。 そのため悪化させることもなく、跡も残らないように治すことができるようになっています。 またニキビ跡の治療についても、医学の進歩によりキレイに治すことが可能です。 この跡を消すためには、現在ではレーザーを使用した治療が一般的となっています。 しかし今後は、もっと手軽にできる治療方法が開発されていくのではないでしょうか。 レーザー治療は皮膚の中にコラーゲンを生成させるためのものですので、これをクリームを塗ったり、特殊な光を当てるだけで生成できるような技術が生まれてきても不思議ではありません。 このようにもっと手軽な方法が生まれれば、自宅で自分で治療することもできるようになっていく気がします。

美容皮膚科のほとんどが健康保険の適用外なのが特徴です。

通常の皮膚科では疾患を治す治療が中心なのに対して、美容皮膚科はコンプレックスや肌の悩みに対して、美しい肌を実現するのが目的です。 例えばニキビ一つを取って見ても、皮膚科であればニキビが綺麗になることが最終目的ですが、美容皮膚科はニキビを治して終わりではなく、キメを整えたり、美白をするなども行うことが可能です。 肌をトータルで美しくするのが特徴であり、整形のようなメスを使わないで美しくするのがメリットです。 主にはヒアルロン酸やボトックスなどの注射やレーザーによるシミやシワの治療、リフトアップやピーリングなどがあります。またイオン導入なども可能です。 この様に皮膚科と美容皮膚科では目的が違うのが特徴です。ニキビは青春の証とも呼ばれていますが大人になってからもできます。ニキビ跡はしみのようになって残ったりしますので、人目が気になるものです。そうならないための一番の方法はとにかくニキビをつくらないことです。ニキビができる原因は様々で脂っこい食べ物の食べ過ぎや睡眠不足そしてストレスや運動不足、肌を清潔に保たないなど様々です。このうち食生活に関する部分は気を付けていれば対策できることなので、適度な食生活と運動を心がけ、お風呂に入るのと細目に洗顔を行うことです。洗顔を行う時にはニキビに効果のある洗顔料を使い、きちんと泡立ててから洗顔し水で十分に洗い流すことが重要です。脂っこいものを避けることで脂肪が体内にはいらないのでニキビ予防にもなります。

最新記事一覧

ニキビ跡の治療

指で肌をさす女性

昨今では、美容整形外科でニキビ跡を消す治療を受ける人が増えてきています。ニキビ跡には色々なタイプのものがありますが、いずれもレーザー治療によって薄くすることができるのです。また、ターンオーバーを促して肌を作り直すことでも、ニキビ跡を消すことが可能です。この治療も、美容整形外科で受けることができます。

続きはコチラ

皮膚科で治療する

笑顔の女性

ニキビは軽度な症状であれば自然治癒も可能ですが、治りにくいと感じたら早めに皮膚科へ相談に行くことをおすすめします。皮膚科を選ぶ際のポイントは、診察時間を長めに取ってくれる病院、処方する薬は硫黄系ではなくディフェリンゲルという薬を処方してくれる病院を選ぶという2点にあります。

続きはコチラ