ニキビの治療は膿を出すよりお金を出して解決しよう

ニキビ跡の治療

レーザーで除去

指で肌をさす女性

ニキビの治療は、皮膚科で抗炎症作用のある塗り薬、または抗生物質を処方することで、おこなわれています。しかしこれらによって、炎症がおさまり原因菌が除去されたとしても、肌にはニキビ跡が残ってしまうことがあります。そのため昨今では、美容整形外科でニキビ跡を消すレーザー治療を受ける人が増えてきています。 ニキビ跡には色々なタイプのものがあるのですが、美容整形外科のレーザー治療では、それら全てを消すことができます。たとえば色素が沈着している場合には、レーザーでその部分を焦がしてからはがします。クレーター状に盛り上がっている場合には、炭酸ガスレーザーで削ることで、なだらかにしていくのです。 こういった治療により、多くの人が肌からニキビ跡を消し、きれいな肌を取り戻すことができています。

肌を作り直す治療

また、ニキビ跡は肌のターンオーバーを促すことでも、徐々に薄くなっていきます。そもそもニキビ跡は、ニキビが治っていく過程で、肌が異常な再生をすることでできてしまうものです。たとえば、再生のために過剰に血液が運ばれてくると、その色素によって肌が赤らんでしまいます。肌細胞が過剰に分裂すると、盛り上がってしまいますし、逆に細胞分裂が足りないと、凹んでしまうのです。そのため、ターンオーバーを促してもう一度肌を作り直せば、ニキビ跡を消していくことができるわけです。 ターンオーバーを促す治療は、プラセンタ注射や成長因子を加えた血小板の注射、フォトフェイシャルなどでおこなわれています。いずれの治療も、レーザー治療と同じで美容整形外科で受けることができます。